老眼の人が見えなくなる距離は?

老眼の人が見えなくなる距離は?

老眼になると、代表的な症状として「近くが見えにくい」「物を離して見ている」という様子が生活の中に現れてきます。しかし、「近く」「離して」と言われても、どれくらいがそうなのかハッキリとわかりませんよね。老眼になると、どのくらいの距離が見えにくくなるのでしょうか。

 

老眼が始まる前には、大体30p前後の位置で本や新聞を読んだり、手元の作業を行っているのが普通です。しかし老眼になると、今まで見ていたその30op前後の位置では対象がぼやけて見えにくくなってしまうため、自然と自然と手を伸ばして、離して見るようになるのです。ですから、数字をあえて挙げるなら「30cm」がその答えです。

 

一度老眼の症状が出てくると、日常生活にいろいろと支障が表れ、また無理をして見ていると、老眼をいっそう進行させてしまいます。ですから、意地を張らずに老眼鏡をかけることが一番の解決策になります。

 

ただ、老眼鏡をかけると余計に老眼になると考えている人も多いのですが、それは間違った考えで、実際にはそんなことはなく、むしろかけた方が楽で、老眼も進みません。むしろかけないことで目に負担をかけることで、老眼が進んでしまうのです。老眼鏡というものは、目から30cm程度の所にピントを合わせて作っているそうです。その方が作業などをする際に手元が見やすいからという実用的な理由です。

 

ですから、老眼が進んだと感じる時には、目から何センチの位置なら活字が見やすいのかという点に注目してみて、もしも30センチどころか50センチも離れているようならば、それは老眼であり、もしも老眼鏡を使ってもそうだったならば、それは今の老眼鏡が合っていないということになります。

 

老眼は65〜70歳までには症状の悪化は止まると言われており、そしてピントの合う一番近い距離は、個人差があってその幅もかなりあるようです。60歳以上なら60〜100p、人によっては100p以上が必要な人もいるそうです。ここまで来るとさすがに老眼鏡なしでは作業はできませんね。

 

年をとれば手元でしなければならない作業は若い時と比べれば少なくなりますから、年齢に合わせて老眼鏡をかけて対応していけば良いと思いますが、若いうちは仕事もありますのでそうはいきません。

 

ですから、老眼の兆候が見え始めたら、早めに老眼鏡を作ったり、眼科でトレーニングなどの対応を相談して、自分の目の健康を保つことができるように自己管理するようにしましょう。