子どもも乾燥肌になる

子どもも乾燥肌になる

大人の肌と比べると子どもの肌というのは、潤っていたり、肌トラブルがなかったりすると思うことでしょう。しかし、子どもの肌というのは、大人の肌と比較してみると、皮脂があまり出てこない点や、皮膚が薄いという特徴があります。そのため、保湿をしたり、皮脂に近い成分を補給したりすることが重要になってくるのです。

 

子どもには、添加物が一切入っていない保湿剤を選ぶようにしましょう。子どもの肌は敏感なため、添加物が入っていると悪影響を及ぼす可能性が高くなるので、お子さんには少しぐらい値段が高くても、肌にやさしい成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。

 

最近では、乾燥肌は大人の方だけがなるものということではなくなってきていて、子どもでも乾燥肌になることがあるため、子供用の乾燥肌用品が販売されています。

 

子どもに使わせる石けんを選ぶ際にも、添加物が一切含まれていない石けんを選びましょう。その石けんの使い方ですが、力を入れて洗うのではなく、手のひらで泡立てて、それを肌に塗るように洗うのが理想です。

 

また、石けんの使う量ですが、少量で良く、石けんを肌から落とすときには、きれいに洗い流すようにしましょう。入浴後には、なるべく早いうちにクリームなどを塗ってあげましょう。ほかにも、部屋が乾燥している状態だと、肌はどんどん乾燥してしまうので、加湿器などを使って、部屋を適度な湿度に保ちましょう。

 

意外と盲点ですが、子どもが着ている服にも注意が必要で、オーガニックコットンなどでできている服だと肌には良くありません。また、セーターなどもあまり良くないので、そのような服は着せないほうが良いでしょう。